お知らせ

  • 2017/02/07

    2/21(火)13:00~14:00 京都文化遺産講座「甦った果蔬涅槃図」を大丸京都店・6階催事場エントランスで開催します。

  • 2017/02/07

    2/16(木)~2/28(火)まで大丸京都店・地下1階ショーウィンドウに、高精細複製画伝匠美「果蔬涅槃図」を展示します。

DNP京都太秦文化遺産ギャラリーへようこそ

DNP京都太秦文化遺産ギャラリーへようこそ

DNP京都太秦文化遺産ギャラリーは2014年10月9日、DNP大日本印刷のデジタルアーカイブによる、文化遺産の「未来のあたりまえ」を提案する拠点として開設しました。
「文化遺産」は、さまざまな地域・時代に生きた人類の営みの足跡です。人々の知恵や思考を辿り、次世代を拓く貴重な手がかりとも言えます。それらを後世に伝えていくには、「文化遺産」を、誰もが使いやすい形に情報化し、よりわかりやすい表現方法で提示することが大切だと考えています。DNPは文化遺産の「未来のあたりまえ」を目指して、これからも新たな表現方法を提案していきます。

DNP京都太秦文化遺産ギャラリーのご紹介

DNPが創業以来培ってきた「印刷技術」と、文字や画像の「デジタル化・ネットワーク化技術」など、情報伝達に関するさまざまな「技術」や「ソリューション」。これらを文化遺産のアーカイブに応用・展開してきた取り組みとして、「京都・文化遺産アーカイブ」、「ルーヴル - DNP ミュージアムラボ」、「DNP文化振興財団のアーカイブ事業」をご紹介しています。京都が誇る文化遺産の高精細映像や高精細複製「伝匠美」、ルーヴル美術館との共同プロジェクトによるインタラクティブ美術鑑賞システムなど、DNPが提案するさまざまな文化遺産の「未来のあたりまえ」を体験してください。

DNP京都太秦文化遺産ギャラリーのご紹介

主な活動のご紹介

京都・文化遺産アーカイブプロジェクト

龍安寺

京都・文化遺産アーカイブプロジェクト

京都が誇る有形・無形の文化遺産を毀損することなく保存・継承していくことを目指し、2014年「明日の京都 文化遺産プラットフォーム」、DNP、毎日放送とともに発足させたプロジェクトです。世界文化遺産「古都京都の文化財」に登録された17の社寺・城をはじめとする貴重な文化遺産を高精細映像で収録・保存。長い歴史において受けつがれてきた伝統を継承する所有者の方々と未来を担う人々とをつなぐ役割として、文化遺産の保存と継承をテーマとするイベントや教育分野などに活用していきます。

ルーヴル - DNPミュージアムラボ

ルーヴル美術館 絵画部門 スペイン絵画の展示室

ルーヴル - DNPミュージアムラボ

DNPとルーヴル美術館の共同プロジェクトで、DNPの「伝える技術」「伝わるノウハウ」を活かし、さまざまな切り口から美術鑑賞を楽しんでいただく活動を行っています。2006年のプロジェクト開始以来、およそ100の体験型鑑賞補助システムを開発、一部はパリ・ルーヴル美術館の常設展示室にも導入されています。デジタル技術を活かした鑑賞教育のための教材開発も本プロジェクトの重要な取り組みテーマで、学校の美術の授業や美術館の教育普及活動などへの提供を通じて、美術に親しむ機会の拡大に貢献しています。

DNP文化振興財団のアーカイブ事業

DNP文化振興財団のアーカイブ事業

DNP文化振興財団は、田中一光をはじめ戦後日本を代表するグラフィックデザイナーの作品および周辺資料を所蔵し、その数9万点に及びます。作品の高精細デジタル画像データ、国内外の研究機関との連携を企図した所蔵資料データベース、作品制作背景や制作プロセスに関するデザイナーや関係者のインタビュー記録など、グラフィックデザイン、グラフィックアート研究に関する世界的に開かれたアーカイブの構築を目指しています。

文化遺産の「未来のあたりまえ」をささえる技術

高精細複製「伝匠美」

高精細複製「伝匠美」

撮像から画像処理、印刷までの高精細デジタル技術と、専用に開発した和紙、金箔地などの素材技術を結集し、精緻な再現性と次世代につなぐ耐久性を確保した文化財複製を実現。日本画の美術史研究にも堪える再現を可能にしました。

高精細映像アーカイブ

高精細映像アーカイブ

ハイビジョンでは捉え難い鮮明かつ高密度な映像と、特殊機材などを活用した、動画ならではの醍醐味を堪能できる映像を集積。最先端の撮影技術に対応し、クロスメディア展開を視野に入れた映像アーカイブを構築・運営していきます。

インタラクティブ鑑賞システム

インタラクティブ鑑賞システム

コンピュータを感じさせないインタフェースと直感的な操作によって、言語、年代、文化的背景など利用者の多様性に応える情報提供システムです。パネルやパンフレットでは表現しにくい、専門性が高く複雑な情報もわかりやすく伝えることができ、利用者の興味を引き出し、理解を深める体験へと誘います。

展示内容

展示内容マップ 展示内容マップ
  1. 4Kみどころルーペ
  2. プロセスビューア
  3. 3D作品ビューア
  4. 金碧障壁画の高精細複製
  5. 体験展示
  6. 重要文化財「洛中洛外図屏風」(左隻)の高精細複製
  7. 高精細映像(4K映像作品)

DNP 京都太秦文化遺産ギャラリー

開  設:2014年10月9日
所 在 地:〒616-8533 京都府京都市右京区太秦上刑部町10
Phone:075-871-1481
F a x:075-871-1267
企画運営:大日本印刷株式会社
開館時間:午前11時~午後7時(土曜日は6時まで)
休  館:日・祝日・併設する京都dddギャラリーの展示替え期間
DNP 京都太秦文化遺産ギャラリー